行政書士試験に不合格。合格に必要な5つのポイントを解説

行政書士試験に不合格。合格に必要な5つのポイント 行政書士試験
  • 行政書士試験に受からない…
  • 受からない原因は?
  • 合格するための勉強法を知りたい

行政書士試験に挑戦している方。

試験に合格できない…』と悩んでいませんか。

 

行政書士は難関試験。簡単には合格できません。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士試験に合格

行政書士歴5年の現役行政書士

そこでこの記事では、行政書士試験が受からない原因と受かるためのポイントを5つ解説します。

 

この記事を読むことで合格するための正しい方向性がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の一発合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

行政書士は難関試験という事実を知る【不合格は普通】

行政書士試験に受からない

行政書士試験は合格率10%前後の難関試験。1割の人しか合格できない狭き門です。

 

私も行政書士試験に落ちました。試験の難しさは肌で感じています。

行政書士不合格通知書

行政書士試験の不合格通知書

一般的に1回で合格することは難しく、何回も挑戦してやっと合格できる試験です。

 

私も試行錯誤を繰り返し2回目で合格できました。

行政書士合格通知書

行政書士試験の合格通知書

世の中には『行政書士試験は簡単』と言う人がいます。

 

司法試験の勉強をガッツリやっているなど法律の学習経験が豊富な人からすれば簡単かもしれません。

 

しかし、それ以外の人にとっては難しいです。つまり、大多数の人にとっては難関試験といえます。

 

行政書士は難関試験。試験に落ちても自己嫌悪に陥る必要はありません。

『行政書士試験は簡単』は嘘?本当の難易度を合格者が解説

行政書士試験が難しすぎ!難しい理由と合格するための勉強法を解説

行政書士試験に落ちる原因

不合格の原因

行政書士試験に何度挑戦しても落ちてしまう人がいます。

 

不合格になる原因は色々ありますが、次の3つのパターンがほとんどです。

  1. 勉強量が足りていない
  2. 勉強法が間違っている
  3. スケジュールを立てない

勉強量が足りていない

時間の確保が難しい

合格には絶対的な勉強量が必要です。

 

一般的に合格に必要な勉強時間は800時間程度。学習期間を1年間とすると1日2~3時間の勉強が必要になります。

 

ただし、受験生の多くは社会人。時間の確保が難しい人が多いと思います。

 

不合格になる原因の1つは勉強不足です。

行政書士の勉強はいつから開始すべき?合格に必要な勉強時間を解説

勉強法が間違っている

自己流で勉強

たとえ1000時間以上の勉強をしても方向性を間違えていると合格は難しいです。

 

経験談から言えることですが、自己流で勉強していると正しい方向性がわからなくなります。

 

間違った方向に進んでしまった結果、不合格になるケースがあります。

行政書士試験に受かる気がしない…。合格するためのポイントを解説

行政書士試験にリベンジ!合格するためのポイント解説

スケジュールを立てない

行政書士試験は長期の学習が必要になります。最低でも1年は勉強する必要があるでしょう。

 

スケジュールを立てないと常に何をすべきか迷ったまま勉強しなければなりません。

行政書士試験に合格するための5つのポイント

行政書士試験に合格するためのポイント

  1. スキマ時間の活用
  2. 正しい勉強法を学ぶ
  3. プロの力を借りることも検討
  4. スケジュールを立てる
  5. モチベーションを保つ

行政書士に受かる人の5つの特徴。受かるためのコツも解説

スキマ時間の活用

行政書士試験の勉強はスキマ時間に行う受験生の大半は社会人です。多くの人は仕事をしながら勉強しています。

 

忙しい社会人はスキマ時間を有効活用しましょう。

  • 移動中
  • 仕事の休憩時間
  • ちょっとした空き時間
  • お風呂
  • トイレ

なにも机に向かって勉強することがすべてではありません。

 

たとえ5分でもスキマ時間を積み重ねていくと膨大な時間になります。

正しい勉強法を学ぶ

★非常識合格法の書籍を読む

行政書士に合格するには『正しい勉強法を知る』ことが大切です。闇雲に勉強しても非効率。正しい勉強法を学びましょう。

 

私の失敗談は自己流で勉強したことです。

  • 何十年も遡って過去問を解いていた
  • 模試を5社以上も受けた
  • テキストの内容を理解せず丸暗記に走った

効率的な勉強法がわからなかったので闇雲に勉強していました。

 

結果、試験に惨敗。

行政書士不合格通知書

経験談として、始めから正しい勉強法を知っていたら短期間で合格できたと思います。

 

自己流よりプロが教える勉強法で勉強することが重要です。そこで、参考になる書籍『非常識合格法』を紹介します。

 

非常識合格法は大手資格予備校のクレアールが出版した書籍です。この書籍には合格するための勉強法、短期合格のコツなどが解説されています。

 

つまり、非常識合格法を読むことで『正しい勉強法』を学ぶことができるのです。

 

非常識合格法は今だけクレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中!

 

Amazonだと1,600円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。資料請求は無料です。

 

資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

プロの力を借りることも検討する

行政書士試験は独学では限界がある

行政書士試験は難関試験。自分1人だけで合格するのは大変です。

 

プロが教えるカリキュラムや良質な教材を使うことで合格する可能性は高まります。

 

私自身、当初は独学でした。市販のテキストと過去問題集で勉強していました。

 

しかし、あまりの難しさに挫折。通信講座に切り替えました。

行政書士通信講座の特徴通信講座を選んだ理由はコスパがいいからです。

 

予備校に通うと20万円近くかかる。独学はお金がかからないが教材の質が低い。

 

通信講座は予備校の半額以下で受講でき、教材のクオリティも高いのでオススメです。

 

私自身、知識ゼロから通信講座で合格できました。初学者であっても通信講座で合格できます。

 

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

 スケジュールを立てる

試験日から逆算して学習のスケジュールを立てましょう。いつまでに何をするのかザックリでも大丈夫です。

 

スケジュールを立てることで勉強のペースが把握できます。

 

予定より勉強が早く進んでいるならゆとりを持って勉強ができる。遅ければ、ペースを上げて修正ができる。

 

試験日までに自分のやりたかった勉強がすべて終わっている状態にしましょう。

モチベーションを保つ

合格するためにモチベーションを上げる

行政書士試験は通常1年以上の長期スパンで勉強する必要があります。

 

重要なのは試験が終わるまでモチベーションを維持すること。

 

しかし、長期に渡ってモチベーションを維持すること難しいです。

 

モチベーションが下がったときは、行政書士を目指した目的を再確認しましょう。

  • 行政書士になって独立したい
  • たくさん稼ぎたい
  • 行政書士としてやりたい仕事がある
  • 困っている人を助けたい

定期的に自分を見つめ直しながらモチベーションを維持することが大切です。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

【まとめ】行政書士試験に不合格。合格に必要な5つのポイント

行政書士試験は難関です。9割の人が受かりません。

 

普通に落ちる試験です。落ちても自分を責める必要はありません。

 

試験に受からない原因は様々ですが大半は次のケースです。

  • 勉強量が足りていない
  • 勉強法が間違っている
  • スケジュールを立てない

 

合格するためには次のポイントを意識しましょう。

  1. スキマ時間の活用
  2. 正しい勉強法を学ぶ
  3. プロの力を借りることを検討する
  4. スケジュールを立てる
  5. モチベーションを保つ

上記で解説した正しい方向に向かってコツコツ努力することで合格の道は開けます。

 

是非、頑張ってください。

 

まずはクレアールに資料請求【無料】して『正しい勉強法』を学びましょう。1分で完了します。

 

資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

おすすめの行政書士通信講座は以下の記事を参考にしてください。

 

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

 

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました