当サイトにはプロモーションが含まれています。

宅建の勉強がしんどい…乗り越え方と勉強法を伝授

宅建の勉強がしんどい 宅建
  • 宅建試験の勉強がしんどい…
  • 乗り越える方法はある?
  • 早く合格したい!

宅建試験に挑戦中の方!

勉強がしんどい』と感じていませんか。

 

宅建は難関の国家資格。途中でしんどくなる気持ちはわかります。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士、社労士試験に合格。

難関試験の勉強法を解説しています。

そこでこの記事では勉強がしんどくなった時の乗り越え方を解説します。

 

この記事を読むことで、長く勉強と付き合う方法。正しい勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介

オススメの宅建通信講座【5選】

宅建の勉強がしんどいのは普通

宅建試験に受からない

宅建試験の難易度は高いと言えます。なぜなら様々な法律を学ぶので幅広い知識が必要とされるからです。

 

受験生は膨大な情報を理解し試験に備える必要があるので、精神的な負担を感じることもあるでしょう。

≫参考:宅建が普通に難しい…合格するための勉強法を解説

 勉強法と受験対策のヒント

宅建の合格に頭の良さは不要

しんどさをなくするためには、効果的な学習法を取り入れることが重要です。

  • 要約ノートを活用することで、膨大な情報を整理
  • 過去問を通じて、問題の傾向や重要ポイントを把握
  • 非常識合格法を読んで短期合格の勉強法を学ぶ
  • 良質な通信講座を受講

非常識合格法とは大手予備校のクレアールが出版した書籍です。

出典:クレアール公式サイト

宅建の勉強がしんどいのは内容の難しさにあります。

 

やはり、学力が上がらないと楽しくないですよね。逆に成長を感じるとモチベーションがアップします。

 

どのように勉強すれば短期間でレベルが上がるのかを知ることが大切です。

  • テキストの読み方
  • 過去問の使い方
  • 模試の活用法

自己流では効果的な勉強法がイマイチわかりません。

 

プロが教える勉強法を素直に実践するのが合格への近道です。

 

そこでオススメなのがクレアール出版の非常識合格法。

 

この書籍を読むことで短期合格するための勉強法を学ぶことができます。

 

非常識合格法はクレアールに資料請求すると今だけ無料で入手できます。

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。

 

自己流は遠回り。非常識合格法の勉強法を素直に実践しましょう。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\かんたん!1分で入力完了/

通信講座の受講もオススメです。

現在、独学で勉強中なら通信講座を検討してみてください。

 

通信講座をオススメする良い理由は安価なのに教材のクオリティが高いことです。

 

少しでも早く合格したいのなら良質な教材で学びましょう。

通信講座の特徴通信講座は自宅にいながらスマホ等で講義を視聴しながら勉強します。

 

筆者も数々の難関資格を通信講座のみで合格しました。通信講座で十分合格できます。

 

ただし、通信講座といっても沢山あります。

 

優良な通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

≫参考:宅建の通信講座オススメ5選

モチベーション維持が大切

合格するためにモチベーションを上げる

長期間にわたる勉強では、モチベーション維持が重要です。

 

モチベーションを保つためには、小さな目標を達成するごと自分にご褒美を上げることが効果的です。

 

また、勉強仲間との情報交換や励まし合いも、モチベーションを高める一因となります。

≫参考:宅建をとってよかったこと4選!宅建のメリットを解説

しんどさを軽減するリフレッシュ方法

リフレッシュ

長時間の勉強の合間には、リフレッシュすることが重要です。

  • 適度な運動やストレッチ
  • リラックスした音楽を聴く
  • 仮眠をとる

気分転換を図ることでストレスを軽減することができます。

 

十分な睡眠やバランスの取れた食事も、ストレス解消に大きく影響します。

『宅建に受かる気がしない…』気持ちで負けない!

不合格の原因

勉強していると「宅建に受かる気がしない」と感じる方もいるでしょう。

 

不安に感じるのは自然なこと。筆者も同じような心境でしたが、絶対に合格するという気持ちを持つことが大切です。

宅建に落ちたら恥ずかしいですか?

宅建試験に合格できなかったからといって、恥ずかしいと感じる必要はありません。

 

失敗は成功への近道。失敗から学び、次のチャレンジに生かすことが大切です。

宅建試験に3回~4回落ちても大丈夫

宅建試験に何度挑戦しても受からない方がいます。

 

初受験で合格することは難しく大半の受験生は数年単位で学習しています。

 

数回落ちるのは普通のこと。折れずに挑戦しましょう。

≫参考:宅建に3~4回落ちた…受かる気がしない。合格のコツを伝授!

再チャレンジの心構えとアクションプラン

強い想い

失敗したからといって諦めるのではなく、再度チャレンジすることが重要です。

 

まずは失敗した経験を活かし、新たなアプローチや学習方法を模索しましょう。

 

前回の反省点を踏まえ、計画を立てて次回に臨むことが大切です。

 

さらに、継続的な学習やモチベーション維持のために、合格者の体験談や成功事例を参考にすることも有益です。

 

自分にとって最適な学習スタイルを見つけ、粘り強く努力を続けることが、再チャレンジの鍵となります。

 

最も重要なのは、失敗を受け入れ、それを成長の機会と捉えることです。

 

宅建試験においては、何度も挑戦することがより深い理解と合格への近道となります。

受験前の準備

最終確認と復習

試験直前は新しいトピックを学ぶのではなく、これまでの学習内容を復習しましょう。特に苦手な分野や問題を解けなかった部分を集中的に振り返ります。

 

模試の解析

過去の模擬試験や過去問の解析を行い、間違えた問題や分からなかった箇所を確認し、理解を深めます。

 

体調管理

試験当日の体調を整えるため、睡眠や食事をしっかりとることが重要です。ストレスを溜めずにリラックスできるよう、前日には十分な休息をとりましょう。

 

試験会場の確認

試験会場や持ち物、交通手段などを前日に確認し、試験当日に不安やトラブルが起こらないように準備しておきます。

最終的なアドバイス

ガッツポーズ

自信を持って臨む

受験当日は自分の準備ができていることを信じて臨みましょう。不安や緊張はある程度あるものですが、自信を持って試験に臨むことが大切です。

 

焦らず着実に

試験中は問題を焦らず、慌てずに着実に解いていくことが重要です。時間配分を考えつつ、問題を読み、答えを考える余裕を持ちましょう。

 

自己管理

試験中に気をつけるべきことは、時間配分や問題への集中力です。冷静な状態を保ち、自己管理を徹底することがポイントです。

 

ポジティブな姿勢

最後までポジティブな姿勢を保つことが重要です。ミスしても挫けず、最後まで集中力を保って問題に取り組みましょう。

 

時間配分

各問題の時間配分を考え、時間が押すことなく、全体をじっくりと解くための戦略を持つことも重要です。

 

最後の一息

試験前に深呼吸をし、緊張をほぐすことも有効です。自分をリラックスさせる方法を見つけて、最後の一息を大切にしましょう。

≫参考:宅建は最強の資格!宅建士が最強な5つの理由を解説

【まとめ】宅建の勉強がしんどい…乗り越え方と勉強を伝授

宅建試験の勉強はしんどいです。しかし、受験生は皆同じ。自分だけではありません。

 

つらいときは試験に合格した自分を想像しましょう。

 

筆者も資格の勉強をしている時は、合格したときの自分を想像しながら勉強をしていました。

 

しんどい期間を減らし、短期合格を目指す方は『非常識合格法』の書籍を読んでみてください。

 

クレアールに資料請求するだけで無料で入手できます。リスクゼロなので手に取って読んでみてください。

\かんたん!1分で入力完了/

宅建に関する下記の記事も参考にしてください。

宅建
つかをフォローする
行政書士つかブログ