行政書士試験は楽勝?簡単に受かるの?合格者が解説

行政書士試験は楽勝?簡単に受かるの?合格者が解説 行政書士試験
  • 行政書士試験は簡単?
  • どのぐらいの期間で合格できるの?
  • 短期間で合格する方法は?

 

行政書士に興味がある方!

行政書士試験は楽勝で受かる?』と思っていませんか。

 

実は『簡単に受かるよ』という人もいれば『難しいよ』という人もいます。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士試験に合格

行政書士歴5年の現役行政書士

そこでこの記事では行政書士試験の難易度を経験談をもとに解説します。

 

この記事を読むことで行政書士試験の難易度と短期合格のコツがわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

行政書士は楽勝な試験ではない【難関資格】

行政書士は受かりにくい試験

行政書士は簡単な試験ではありません。なぜなら合格率が10%程度と低いからです。

 

過去5年の合格率の推移を見ていきましょう。

年度 合格率
平成29年 15.7%
平成30年 12.7%
令和元年 11.5%
令和2年 10.7%
令和3年 11.18%

10人中1人しか受からない狭き門です。

『行政書士試験は簡単』は嘘?本当の難易度を合格者が解説

 

合格に必要な勉強時間は800時間以上です。1日2時間の勉強を1年以上も継続しなければなりません。

行政書士の勉強はいつから開始すべき?合格に必要な勉強時間を解説

どのぐらいの期間で合格できる?

行政書士の合格に何年かかる?

行政書士の平均受験回数は2~3回程度です。1回で合格する人は少なく、多くの人は数年に渡って勉強しています。

 

ネット上では『3ヶ月で合格しました』など短期で受かっている人を見かけますが一部の人だけです。

 

通常は1年~3年ぐらいはかかると思っておきましょう。

 

ただし、勉強法は人によって異なります。効率的な勉強法によって1年で受かる人もいれば、勉強法を間違えた結果、10年でも受からない人はいます。

 

正しい勉強法は後述します。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

行政書士試験は楽勝という人もいる

声世間では『行政書士試験なんて簡単だよ』という人もいます。

 

理由は次の3点です。

  1. 弁護士や司法書士から見たら簡単
  2. 昔の行政書士試験は簡単だった
  3. 不合格者の妬み

弁護士や司法書士から見たら簡単

行政書士試験には受験資格がありません。つまり、誰でも受験できます。

 

受験者は様々です。法律の学習経験ゼロの人もいれば、弁護士を目指している人など法律の学習経験者もいます。

 

行政書士は弁護士や司法書士の試験に比べると簡単な部類に入ります。

 

よって、弁護士や司法書士など法律の学習経験者からすると行政書士試験は簡単といえるでしょう。

 

しかし、そんな人は一部です。法律の学習経験がない人からすると行政書士試験は紛れもなく難関です。

 

弁護士や司法書士レベルの人からすれば簡単。それ以外の人にとっては難しい試験といえます。

行政書士の偏差値・難易度を解説。試験は簡単?難しい?

昔の行政書士試験は簡単だった

今と比べて昔の行政書士試験は簡単だったと聞きます。合格率は30%を超えていました。

 

現在の合格率は10%前後。いかに昔の試験が易しかったかがわかります。

 

昔の人たちからすれば『行政書士は簡単』というイメージが未だに残っているのでしょう。

不合格者の妬み

行政書士は難関試験。合格できずに諦めてしまう人も多いです。

 

自分が合格できなかった腹いせに『行政書士なんて簡単』といっている人がいます。

 

実際は難しいので真に受けない方がいいでしょう。

行政書士試験が難しい4つの理由

不合格の原因

経験談からいえることですが、行政書士試験は難しいです。

 

難しいと感じた理由は次の4つ。

  1. 試験範囲が広い
  2. 単純に問題が難しい
  3. 受験生泣かせの一般知識
  4. 記述式の問題がある

試験範囲が広い

試験範囲が広い行政書士試験は広範囲な学習が必要になります。

 

学習する科目は以下のとおりです。

  • 基礎法学
  • 憲法
  • 行政法
  • 民法
  • 商法・会社法
  • 一般知識

合計6科目。科目ごとの範囲も広いので勉強量が多くなります。

行政書士試験の概要(試験内容、難易度、勉強法)を解説

単純に問題が難しい

理解

試験問題は難しく簡単には解けません。

 

例えば、テキストの内容を丸暗記しただけでは正解に辿り着きません。

 

テキストの内容を理解することが必要です。

 

テキストを何回も読み、過去問を解き、模試を受けることで、やっと理解できるようになります。

行政書士試験が難しすぎ!難しい理由と合格するための勉強法を解説

受験生泣かせの一般知識

行政書士試験の一般知識の勉強行政書士試験の科目に一般知識があります。

 

一般知識とは、次の科目を指します。

  • 政治・経済・社会
  • 情報通信・個人情報保護
  • 文章理解

 

特に政治・経済・社会は時事問題が多く出題されます。範囲が広すぎて対策が立てにくいです。

記述式の問題がある

行政書士試験の記述式

行政書士試験には記述式があります。

 

記述式とは問題に対して文章で解答することです。

 

択一式なら選択肢から選べばいいだけですが、記述式は文章を書かなければなりません。

 

誤字脱字に気をつけながら、論点に沿った解答をする必要があります。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

行政書士試験を独学で受かるのは難しい

独学はオススメしない

行政書士は合格率10%台の難関試験。自分1人だけの力で合格するのは至難の業です。

 

私自身、知識ゼロの状態から独学で勉強しました。しかし、速攻で挫折。通信講座に切り替えました。

 

法律の学習経験が豊富な人であれば独学でもいいでしょう。しかし、初学者であれば独学はオススメしません。

 

筆者のオススメは通信講座。なぜならコスパがいいからです。

行政書士通信講座の特徴

通信講座は予備校の半額以下で受講でき、かつ高クオリティの教材を使うことができます。

 

★通信講座の特徴

  • 自宅で学習する
  • 安く受講できる
  • テキストが読みやすい
  • 理解しやすい講師の講義

 

私自身、通信講座で合格できました。学習初心者の人でも通信講座を受講することで十分合格を目指せます。

 

オススメの通信講座は下記の記事を参考にしてください。

 

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

正しい勉強法を知る

★非常識合格法の書籍を読む!

出典:クレアール公式サイト

学習において正しい勉強法を知ることは重要です。効率学習が可能となり短期間での合格も目指せるからです。

 

正しい勉強法を知る簡単な方法は大手予備校のクレアールが出版している『非常識合格法』を読むことです。

 

非常識合格法には合格するための勉強法、短期合格のコツなど受験生の知りたい情報が解説されています。

 

今だけ、クレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,600円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。もちろん資料請求も無料です。

 

経験談ですが、自己流で勉強すると間違った方向に進みやすくなります。正しい勉強法を学んでから学習しましょう。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

【まとめ】行政書士試験は楽勝?簡単に受かるの?

行政書士は簡単な試験ではありません。合格率10%台の難関試験です。

 

通常、合格には1年以上の学習が必要になります。1回で受かる人は少なく2~3回目で合格するのが一般的です。

 

一方で行政書士試験は簡単という意見もあります。理由は次の3つです。

  1. 弁護士や司法書士から見たら簡単
  2. 昔の行政書士試験は簡単だった
  3. 不合格者の妬み

 

弁護士や司法書士などの士業のなかでは簡単な部類に入ります。しかし、一般的な資格試験の観点から見ると難しい試験といえるでしょう。

 

行政書士試験が難しい理由は次の4つです。

  1. 試験範囲が広い
  2. 単純に問題が難しい
  3. 受験生泣かせの一般知識
  4. 記述式の問題がある

上記のとおり行政書士試験は難しいです。

 

初学者の場合、独学で合格するのは至難の業です。私も当初は独学でしたが難しすぎて挫折。通信講座に切り替えました。

 

行政書士試験の学習において通信講座はコスパ最強なのでオススメです。

 

オススメの通信講座は下記の記事を参考にしてください。

 

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

 

タイトルとURLをコピーしました