当サイトにはプロモーションが含まれています。

宅建に独学で合格はきつい?受かるための勉強法を解説

宅建に独学で合格はきつい? 宅建
  • 宅建の勉強がきつい
  • 自分の勉強法は合っているの?
  • 挫折しそうで不安

宅建試験に挑戦中の方。

独学で勉強しているけどきつい…』と悩んでいませんか。

 

独学で勉強していると様々な壁にあたります。最悪、挫折してしまう人もいるでしょう。

 

最後までやり切るにはどうすればいいのか考える必要があります。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから宅建試験に合格。

その他、行政書士、社労士など資格の所持数10以上。

そこでこの記事ではどのように勉強すれば最短で合格できるのかを解説します。

 

この記事を読むことで合格に近づくためのヒントを得ることができます。

 

★記事の結論

  • 独学がきついなら勉強法を変える
  • 非常識合格法を読んで『短期合格ノウハウ』を得る
  • 通信講座に切り替えて、最小労力で合格を目指す
\ 合格者が教える! 優良講座を紹介

オススメの宅建通信講座【5選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

宅建試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

宅建の独学はきつい

独学では限界がある

宅建試験の合格率は15%程度と難関です。

 

宅建試験は法律、不動産取引など様々な分野を勉強します。分野によっては内容が難しく独学で全てを網羅することは非常に困難です。

 

筆者は過去に様々な難関試験に挑戦してきました。お金に余裕がなく独学で挑戦した資格もありました。

 

しかし、1人の限界を感じ挫折した経験があります。挫折したら、せっかく勉強した時間が無駄になってしまいます。

 

独学がきついと感じるのであれば、戦略を変えましょう。今のやり方では挫折する可能性があるからです。

≫参考:宅建に独学で挑戦!知識ゼロから合格する勉強法を伝授!

宅建の独学がきつい!受かる気がしない…

試験に落ちた・受からなかった人

宅建試験は単なる丸暗記で合格できるような試験ではありません。

 

多くの専門用語や法律を理解しないと解けない問題が多いからです。

 

しかし、『内容を理解』するには苦痛が伴います。なぜなら時間がかかるからです。

 

合格に対する熱意や計画性がないと、勉強の継続は難しいでしょう。

≫参考:宅建の勉強がしんどい…乗り越え方と勉強法を伝授

宅建に3回~4回落ちることもある

独学の場合、長期学習を覚悟しなければなりません。複数回落ちるのは普通のこと。

 

なかには10回以上も挑戦する人もいます。しかし、大半の受験生は挫折してしまいます。

≫参考:宅建に3~4回落ちた…受かる気がしない。合格のコツを伝授!

【実体験】合格できる宅建の勉強法

正しい勉強法・合格できる勉強法

  • 合格できる勉強法を知る
  • 学習計画を立てる
  • 通信講座を受講
  • 休憩とリフレッシュ

合格できる勉強法を知る

『非常識合格法』を読む(無料)

出典:クレアール公式サイト

現在、独学で勉強している方に読んでほしい本を紹介します。クレアール出版の非常識合格法です。

 

きつい勉強を継続してみようと思える瞬間は、わからない所が理解できた、点数が伸びたということではないでしょうか。

 

しかし、大半の受験生は正しい勉強法がわかりません。よって、なかなか理解できず苦しんでいる方が多いです。

 

非常識合格法の最大の魅力は合格できる勉強法がわかること。

 

どのように勉強すれば短期間で合格できるのか知ることが大切です。

  • テキストの読み方
  • 過去問の使い方
  • 模試の活用法

自己流では効果的な勉強法がイマイチわかりません。

 

プロが教える勉強法を素直に実践するのが合格への近道です。

 

書籍を読むことで短期合格するための勉強法を学ぶことができます。

 

非常識合格法はクレアールに資料請求すると今だけ無料で入手できます。

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。

 

自己流は遠回り。非常識合格法の勉強法を素直に実践しましょう。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\かんたん!1分で入力完了/

学習計画を立てる

学習スケジュール

自分のスケジュールに合った勉強計画を作成しましょう。

 

勉強するべき分野をリストアップ。各分野ごとに学習にかける時間を割り当てます。

 

得意分野と苦手分野のバランスも考慮しましょう。

 

週ごとや日ごとに何を学習するかをスケジュールに落とし込みます。例えば、月曜日は法律、火曜日は不動産の基礎知識など。

 

定期的に進捗をチェックし、計画通り進んでいるかを確認。適宜修正を加えていきます。

 

予期せぬことが起こるかもしれません。計画に柔軟性を持たせ、予期しない出来事に対応できるようにしましょう。

≫参考:宅建に半年(6ヶ月)で合格!スケジュールも解説。独学で受かる?

通信講座を受講

通信講座の特徴独学がきついなら別のアプローチを考えましょう。1人では限界を感じたのならプロに助けてもらう方法が1番です。

 

専門家による指導を受けられる通信講座の利用が最適。

 

通信講座を利用することで、初心者でも分かりやすいように解説されたテキストや講義を受けることができます。

 

さらに今の通信講座は価格も良心的です。

 

筆者も独学から通信講座に切り替えたおかげで数々の難関試験に合格できました。

 

通信講座で十分合格できます。しかし、通信講座といっても沢山あります。

 

優良な通信講座を知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

 

≫参考:宅建の通信講座おすすめランキング5選【有資格者が徹底比較】

休憩とリフレッシュ

休憩・リフレッシュ

休息も大切です。適度な休息を取りながら、無理なく効率的に学習を進めましょう。

 

ストレスをためずに、リフレッシュすることも、合格への近道です。

 

休憩時間や趣味の時間を設けることで、脳が情報を整理し、より効果的に学習できるようになります。

【関連質問】宅建の独学がきつい

宅建は何か月で取れる?

個々の状況によりますが、一般的には3~6ヶ月程度です。

 

しかし、あくまで目安であり、各自の学習ペースや前提知識、経験によって大きく異なることを留意してください。

 

短期合格を目指すなら通信講座がオススメです。

 

宅建は何回ぐらいで受かる?

個々の要因や学習スタイルによりますが、平均的には2~3回の受験で合格することが多いです。

【まとめ】宅建に独学で合格はきつい?

宅建試験は幅広い分野をカバーし、専門的な知識が必要です。

 

独学では法律の解釈や専門用語の理解が難しく、疑問点の解消も困難です。

 

指導者や教材のサポートがないと、正確な理解やモチベーションの維持が難しいです。

 

幅広い専門知識を身につけるためには、指導やサポートを受けることが重要です。

 

オススメの勉強法は通信講座。効率的に勉強できるので短期合格も不可能ではありません。

 

★オススメの通信講座

 

宅建試験の短期合格ノウハウ本を入手したい方は下記のリンクから請求ください。

\かんたん!1分で入力完了/

宅建に関する下記の記事も参考にしてください。

宅建
つかをフォローする
行政書士つかブログ