行政書士試験の受験回数が10回以上の方【合格者が勉強法を解説】

行政書士試験の受験回数が10回以上の方【合格者が勉強法を解説】 行政書士試験

行政書士試験に10回以上挑戦している方。

どうやったら合格できるの…。いい加減に受かりたい!』と悩んでいませんか。

 

行政書士試験は難関。やみくもに勉強しても合格できません。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士試験に合格

資格の所持数10以上(社労士、社会福祉士など)

そこでこの記事では行政書士試験に受からない原因と合格できる勉強法を解説します。

 

この記事を読むことで、合格するための勉強法が理解できます。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の一発合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

【受からない原因】行政書士試験の受験回数が10回以上の人

行政書士試験に受からない

行政書士は難関試験。1回で受かる人は少なく大半の受験生は複数回受けてやっと合格しています。

行政書士に受かる人の5つの特徴。受かるためのコツも解説

 

筆者も試験に落ちた経験があります。

行政書士不合格通知書

行政書士不合格通知書

試行錯誤を重ねた結果、2回目で合格できました。

行政書士合格通知書

行政書士合格通知書

まず、行政書士は普通に落ちる試験だということを理解してください。

 

合格率10%前後なので落ちるのは普通のこと。何度も挑戦することが大切です。

行政書士試験にリベンジ!合格するためのポイント解説

『行政書士試験は簡単』は嘘?本当の難易度を合格者が解説

 

なかには10回以上受けても合格できない人がいます。合格できない原因は人によって様々ですが、大抵は次の3つです。

  • 自己流で勉強している
  • ダラダラと勉強している
  • 落ちて当たり前のマインドになっている

行政書士試験が難しすぎ!難しい理由と合格するための勉強法を解説

自己流で勉強している

自己流で勉強

何年も受からない人は勉強法を間違えている可能性が高いです。特に自己流で勉強している人は注意してください。

 

行政書士は難関試験です。適当に勉強しても受かりません。

  • テキストの読み方
  • 過去問の解き方
  • 問題演習や模試の取り組み方

などを適当に考えず、効果的な学習をする必要があります。

 

しかし、自己流だと効果的な学習法がわからず間違った方向に進みやすくなります。

行政書士試験に受かる気がしない…。合格するためのポイントを解説

ダラダラ勉強している

行政書士の勉強期間勉強期間が長期化するとモチベーションが徐々に下がり勉強の質が低下します。

 

行政書士試験は長期でまったり勉強するより、短期集中型で勉強した方が合格しやすいです。

 

3年かけて1000時間勉強するより、1年で1000時間の方がいいです。

 

勉強期間が長期化するとダラダラ勉強しがちになります。短期集中に切り替えましょう。

行政書士の勉強はいつから開始すべき?合格に必要な勉強時間を解説

落ちて当たり前のマインドになっている

行政書士試験に落ちた

試験に落ち続けると『まいっか、いつものことだし』というマインドになっていきます。

 

本気で合格を目指すなら落ちて当たり前マインドは捨てましょう。何度も挑戦するということは行政書士に対する強い想いがあると思います。

 

行政書士を目指す理由を再確認して、『本気で合格するぞ!次はない』というマインドに切り替えましょう。

行政書士試験に挫折しそうな方。有資格者が合格のポイントを解説



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

行政書士試験に合格するための勉強法

行政書士試験に合格するための勉強法

次の4つの手順を踏むことで合格レベルの学力は身につきます。

  1. 1年間で800時間以上の勉強
  2. 正しい勉強法を知る
  3. 基本を理解する
  4. 全国模試を受ける

1年間で800時間以上の勉強

行政書士試験の勉強はスキマ時間に行う合格するには絶対的な学習量は必須。800時間は勉強しましょう。

 

2、3年で800時間ではなく、1年間で800時間です。1日にすると2時間程度になります。

 

移動中や仕事の休憩時間などのスキマ時間を活用しながら勉強時間を捻出してください。

 

短期間で徹底的に勉強することが大切です。

正しい勉強法を知る

★非常識合格法の書籍を読む

何年も合格できないのは勉強法が間違っている可能性が高いです。間違った方向に向かっても合格できません。

 

正しい方向に向かって勉強することが大切です。『正しい勉強法を知りたい!』と思った方。

 

正しい勉強法を知るには大手予備校のクレアールが出版している非常識合格法の書籍がオススメです。

 

この本を読むことで正しい勉強法が理解できます。短期合格のコツ、学習スケジュールの立て方など受験生の知りたい情報が満載です。

 

私も実際に非常識合格法を読んで正しい勉強法を学びました。

知ってるか知らないかで結果が変わる世界です。是非、読んでみてください。

 

非常識合格法の書籍は今だけクレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。資料請求も無料です。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

基本を理解する

理解合格に必要な要素は基本事項の理解です。

 

試験問題の大半は基本問題が出題されます。つまり、基本を押さえれば合格できるのです。

 

誰も解けない難問は捨てる。誰もが解ける問題を確実に正解することが大切です。

 

もう一度、初心に帰って基本事項の理解に努めてください。

 

基本事項の理解に最適な教材はフォーサイトです。筆者もフォーサイトを受講して基本事項を理解しました。

フォーサイト行政書士講座

フォーサイト最大の特徴は次の2点。

  • 理解しやすいテキスト
  • わかりやすい講師の講義

つまり、フォーサイトを受講すれば基本事項は理解できます。

 

自分1人で勉強するのは限界があります。プロの力を借りることが合格への近道です。

 

フォーサイトのオススメ講座はバリューセット2です。バリューセット2を受講することで合格レベルの学力は身につきます。

 

★フォーサイト公式サイト

\  累計受講者数は約7万人!/

 

全国模試を受ける

行政書士の全国模試

基本事項を学んだら全国模試を受けましょう。

 

全国模試を受けるメリットは次のとおりです。

  • 自分の実力がわかる
  • 予想問題を知ることができる
  • 初見問題への対応力が身につく
  • 試験を疑似体験できる

全国模試は受けすぎも良くないので注意しましょう。

 

1~2社がベストです。オススメは『資格の大原』と『TAC』です。

【まとめ】行政書士試験の受験回数が10回以上の方

行政書士試験は難関です。簡単には合格できません。10回以上受けても合格できない人は大勢います。

 

受からない原因は次の3つのケースが多いです。

  • 自己流で勉強している
  • ダラダラと勉強している
  • 落ちて当たり前のマインド

気持ちをリセットし『次は必ず合格するぞ』というマインドで挑みましょう。

 

合格するための4ステップは次のとおりです。

  1. 1年間で800時間以上の勉強
  2. 正しい勉強法を知る
  3. 基本を理解する(フォーサイト)
  4. 全国模試を受ける(2社)

上記のやり方で勉強すれば合格レベルの学力は身につきます。なぜなら筆者の実体験からきているからです。

 

筆者はFラン大卒で法律の学習経験ゼロから行政書士試験に挑戦しました。

行政書士はFラン大卒でも合格できるの?【合格者が解説】

 

行政書士は努力の試験です。頭の良さは関係ありません。正しい方向に向かってコツコツ勉強することで合格できます。

行政書士は頭いいの?頭悪いと合格できない?【合格者が解説】

 

正しい勉強法を知るためにクレアールに資料請求して『非常識合格法』の書籍を読んでください。

 

書籍は無料。資料請求後に押し売りや勧誘はないので安心してください。

 

つまり、リスクゼロです。合格を目指すなら必ず読んでおきましょう。

\  先着100名にプレゼント!/

基本事項の理解に最適な教材はフォーサイト。理解しやすいテキスト、わかりやすい講義が特徴です。

 

オススメの講座はバリューセット2です。合格に必要な情報は網羅されています。

 

教材を信じてコツコツ勉強すれば合格レベルの学力は身につきます。

 

★フォーサイト公式サイト

\  累計受講者数は約7万人!/

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました