行政書士の偏差値・難易度を解説。試験は簡単?難しい?

行政書士の偏差値・難易度を解説 行政書士試験
  • 行政書士試験はどのぐらい難しいの?
  • 他資格と比較した難易度を知りたい!
  • オススメの勉強法を教えて!

 

行政書士に興味がある方。

行政書士試験って難しいの?』と気になっていませんか。

 

試験の難易度を知ることで具体的な学習計画を立てやすくなります。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士試験に合格

行政書士歴5年の現役行政書士

そこでこの記事では、行政書士試験の偏差値や難易度を解説します。

 

この記事を読むことで試験の難易度オススメの勉強方法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

行政書士試験の偏差値・難易度は高い

行政書士は受かりにくい試験

行政書士は難関試験です。試験の合格率は10%前後。つまり、10人に1人しか受かりません。

 

合格に必要な勉強時間は800時間~1000時間。平均受験回数は2~3回ほどです。

 

行政書士は難関試験ということがわかります。

 

ネット上では『行政書士は法律の入門資格だから誰でも受かる』みたいに言う人がいますが、全くの誤解です。

 

本気で勉強しないと受かりません。

『行政書士試験は簡単』は嘘?本当の難易度を合格者が解説

行政書士試験は楽勝?簡単に受かるの?合格者が解説

行政書士試験の偏差値・難易度ランキング

ランキング他資格と比較して行政書士の難易度を見ていきましょう。

 

資格の偏差値・難易度ランキングは下記のとおりです。

難易度 偏差値 資格
超難関 75 税理士
超難関 74 医師
難関 65 社労士
難関 64 気象予報士
難関 62 行政書士
普通 57 宅建
普通 54 簿記1級

行政書士の偏差値は62。難易度は気象予報士と同等です。

 

気象予報士は難関試験というイメージがあります。行政書士も同じぐらい難しいということです。

 

行政書士の難易度と同レベルの大学も紹介します。

  • 北海道大学
  • お茶の水女子大学
  • 青山学院大学
  • 明治大学
  • 立命館大学

どれも難易度が高い大学ばかり。行政書士が難関であることがわかります。

行政書士試験が難しすぎ!難しい理由と合格するための勉強法を解説

行政書士は頭いいの?頭悪いと合格できない?【合格者が解説】

過去5年の行政書士試験の合格率

過去5年の合格率の推移を見ていきましょう。

年度 合格率
平成29年 15.7%
平成30年 12.7%
令和元年 11.5%
令和2年 10.7%
令和3年 11.18%

過去5年の合格率を見ると10%前後で推移しています。10人に1人しか合格できない試験です。

行政書士はFラン大卒でも合格できるの?【合格者が解説】

行政書士試験の合格に必要な勉強時間

行政書士試験の合格に必要な勉強時間

合格に必要な勉強時間を他資格と比較してみましょう。

資格名 必要勉強時間
税理士 4000時間
司法書士 3000時間
社労士 1000時間
行政書士 800時間
宅建士 500時間

他資格と比べると比較的短時間で合格できます。

 

行政書士の合格に必要な勉強時間は800~1000時間ほど。学習期間を1年間とすると1日2~3時間の勉強が必要です。

行政書士の勉強はいつから開始すべき?合格に必要な勉強時間を解説

他の法律資格と比較

比較行政書士の隣接資格でもある『宅建士』と『社労士』の難易度と比較していきます。

宅建士と行政書士の難易度を比較

宅建士と行政書士の難易度を勉強時間と合格率から見ていきましょう。

勉強時間 合格率
宅建士 500時間 15%前後
行政書士 800時間 10%前後

合格に必要な勉強時間と合格率を比較すると行政書士の方が難しいといえます。

 

宅建士も簡単な試験ではありませんが、行政書士の方がより深い学習が必要です。

社労士と行政書士の難易度を比較

社労士と行政書士の難易度比較

社労士と行政書士の難易度を勉強時間と合格率から見ていきましょう。

勉強時間 合格率
社労士 1000時間 6%程度
行政書士 800時間 10%程度

合格に必要な勉強時間と合格率を比較すると社労士の難易度が高いことがわかります。

 

私は社労士と行政書士両方の受験経験がありますが、社労士の方が難しいと感じました。

 

社労士と行政書士の比較は下記の記事で、さらに詳しく解説しています。

≫参考:社労士と行政書士の難易度を徹底比較【合格者が解説】

【まとめ】行政書士の偏差値・難易度

行政書士は受かりにくい試験

  • 行政書士の偏差値は62
  • 合格率は10%前後
  • 勉強時間は800~1000時間
  • 平均受験回数は2~3回
  • 難易度比較【宅建士<行政書士<社労士】

上記のとおり、行政書士は難関です。しっかりと勉強しなければ合格できません。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

行政書士試験が難しい2つの理由

行政書士試験に受からない

  • 試験範囲が広い
  • 記述の問題がある

試験範囲が広い

試験範囲が広い

行政書士の試験内容は『法令科目』と『一般知識』の2つがあります。

 

★法令科目

  • 基礎法学
  • 憲法
  • 行政法
  • 民法
  • 商法・会社法

 

★一般知識

  • 政治・経済・社会
  • 情報通信・個人情報保護
  • 文章理解

上記のとおり試験範囲が広く勉強する科目が多いです。

 

さらに、行政書士試験には『足切り制度』が設けられています。

 

法令科目と一般知識の両方で基準点(6割)以上の点数が必要です。たとえ、法令科目が満点でも、一般知識が基準点以下だと不合格になります。

 

全科目まんべんなく勉強しなければなりません。

行政書士試験の概要(試験内容、難易度、勉強法)を解説

記述の問題がある

行政書士試験の記述式

試験には記述問題が出題されます。記述問題とは解答を40文字程度の文章で書くことです。

 

択一式のように選択肢を選んで解答する方式でなく、実際に解答を記述しなければなりません。

 

記述式は多くの受験生が苦手にしていますが、配点が高いので対策は必須です。

行政書士試験の勉強法【オススメは通信講座】

行政書士試験の勉強法

実際に行政書士試験の勉強法として次の3つが考えられます。

  • 独学
  • 資格予備校に通う
  • 通信講座を受講

まず、独学はオススメしません。行政書士は合格率が10%前後の難関試験。

 

法律の学習経験がある人ならまだしも初学者に独学は不向きです。講師の講義は受けたほうがいいでしょう。

 

私も初学者の状態から勉強を始めて最初は独学でした。しかし難しすぎて挫折しました。

 

可能であれば、『通学』か『通信講座』をオススメします。

 

しかし、通学は20万円~と高額。また時間的な拘束もあるため個人的にはオススメしません。

 

筆者のオススメは通信講座です。

行政書士通信講座の特徴

通信講座は通学の半額以下で受講できるのに教材のクオリティが高いです。講師の講義も予備校と遜色ないレベルだと感じました。

 

私自身、知識ゼロから通信講座で合格しました。初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメは通信講座は下記の記事を参考にしてください。

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

行政書士試験の短期合格ノウハウ本を無料で入手!

★非常識合格法の書籍が無料で貰える!

クレアールに資料請求すると行政書士試験の短期合格ノウハウが詰まった書籍をタダでもらえます。

 

この本を読むことで行政書士試験に合格するための勉強法がわかります。

 

短期合格するための勉強法、学習スケジュールの立て方など受験生が悩むポイントを徹底解説。

 

経験談ですが間違った勉強法では合格できません。正しい勉強法を知ってから学習する方が効率的です。

 

今だけ資料請求【無料】した先着100名に無料でプレゼント中です。Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

【まとめ】行政書士の偏差値・難易度を解説。試験は簡単?難しい?

行政書士試験の偏差値・難易度について解説してきました。

 

行政書士の偏差値は62。気象予報士と同等です。

 

行政書士試験の合格率は10%前後。合格に必要な勉強時間は800~1000時間。平均受験回数は2~3回ほど。

 

行政書士は難関試験です。しっかりと勉強しないと合格できません。

 

行政書士の勉強法でオススメは通信講座です。

 

私自身、知識ゼロから通信講座で合格できました。通信講座でも十分合格できます。

 

オススメは通信講座は下記の記事を参考にしてください。

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

 

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました