行政書士を半年(6ヶ月)で取る【合格者が勉強法やスケジュールを解説】

行政書士を半年(6ヶ月)で取る【合格者が勉強法やスケジュールを解説】 行政書士試験
  • 半年で行政書士試験に受かる?
  • 具体的な勉強法を知りたい!
  • スケジュールも知りたい!

行政書士を目指している方!

半年で合格できるの?』と思っていませんか。

 

行政書士は難関試験。半年で合格できるのか気になるところだと思います。

 

★この記事を書いた人

行政書士試験の合格証

行政書士試験の合格証

知識ゼロから行政書士試験に合格。

行政書士試験の勉強法について情報発信中。

そこでこの記事では半年で行政書士試験に受かるのかを解説します。

 

この記事を読むことで、短期間で合格するための勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

行政書士に半年【6ヶ月】で合格!まず何から始める?

正しい勉強法を学ぶ

行政書士試験に半年で合格するには効率的な学習が必要になります。

まずは次の点を意識しましょう。

  • 正しい勉強法を学ぶ
  • 通信講座を受講する
  • 1日3~4時間は勉強する

正しい勉強法を学ぶ

★非常識合格法の書籍を読む【無料で入手】

半年で合格するには正しい勉強法を学んで効率的に勉強することが大切です。

 

勉強法を間違えると遠回りになります。そこで正しい勉強法を学ぶのにオススメの書籍を紹介します。

 

大手予備校のクレアールが出版した非常識合格法という書籍です。

 

非常識合格法とは行政書士試験の短期合格ノウハウ本です。短期合格のコツ、各科目の勉強法などが書かれています。

 

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

 

私も非常識合格法を読みました。おかげで合格できました。

 

行政書士合格通知書

行政書士試験の合格通知書

非常識合格法の書籍は今だけクレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。資料請求も無料です。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

半年合格を目指すなら通信講座を受講

半年で合格を目指すなら通信講座の受講をオススメします。

 

行政書士試験の勉強法は大きく分けて次の3つです。

行政書士試験の勉強法

  • 独学
  • 資格予備校に通う
  • 通信講座を受講

まず独学で合格するのは相当難しいです。

 

行政書士試験の合格率は合格率10%前後。簡単ではありません。

 

独学で合格できるのは次のような人達です。

  • 難関資格を取得した経験があり、勉強法を熟知している
  • 1日10時間以上勉強できる環境にいる
  • わからないことは相談できる受験のプロがいる

『半年で独学合格できた』という書き込みを見ることがありますが、現実的ではありません。

 

一部の天才か、運に恵まれた人ぐらいでしょう。一般的には独学合格は相当難しいと思っておく方がいいです。

 

一方で資格予備校に通学する方法もありますがオススメしません。

 

半年でカリキュラムがすべて終わる講座が少ないこと、さらに費用が高いです。一般的に20万円はかかります。

 

筆者のオススメは通信講座です。

行政書士通信講座の特徴

通信講座は安価なのに教材のクオリティが高い。10万円をきる講座が多く、教材のクオリティも予備校と遜色ないレベルです。

 

私も知識ゼロから通信講座を受講して合格できました。自信を持ってオススメします。

 

オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

1日3~4時間は勉強する

行政書士試験の勉強はスキマ時間に行う正しい勉強法を学んで、通信講座の教材を揃えたら後はひたすら勉強します。

 

行政書士試験の合格には絶対的な学習量が必要です。数時間~数十時間の勉強で受かるほど甘くはありません。

 

半年合格を目指すなら1日3~4時間は勉強しましょう。

 

移動中や仕事の合間などスキマ時間を有効活用しながら勉強時間を捻出してください。

 

合格に裏技はありません。正しい方向に向かってコツコツ勉強するのみです。

行政書士の勉強はいつから開始すべき?合格に必要な勉強時間を解説

行政書士試験の半年合格スケジュール

  • 勉強開始日~4ヶ月…テキスト+過去問
  • 4ヶ月~5ヶ月…模試
  • 最終月…テキストの総復習

勉強開始日~4ヶ月

最初はテキストと過去問を行います。

 

まずはテキストを1周しましょう。わからなくてもOK。まずは全体像を知ることが大切です。

 

テキストを1周したら、もう一度テキストを読みましょう。今度は理解を心がけながらじっくり読みます。

理解

2週目が終わったら過去問演習に入りましょう。直近5年分の過去問を使用します。

 

過去問は何十年も遡る必要はありません。直近5年分を深く勉強しましょう。

過去問

過去問も最初は解けなくてOK。解いたらすぐに解説を読みましょう。過去5年分を2週したらOK。

 

テキスト⇒過去問⇒テキスト⇒過去問のように交互に繰り返し学習しましょう。

4ヶ月~5ヶ月…模試

模試を受ける

テキスト、過去問が終わったら模試を解きましょう。模試は2社ほど受けるのがオススメです。

 

模試を受けるメリットは以下のとおりです。

  • 自分の実力がわかる
  • 初見問題に触れることができる
  • 試験の疑似体験ができる
  • 予想問題に触れることができる

オススメの模試は『資格の大原』と『TAC』です。

最終月

最後の1ヶ月はテキストの総復習。じっくり1周します。

 

理解できていないところはないか確認しながら読みましょう。理解できなかった部分は暗記で対応します。

【まとめ】行政書士を半年(6ヶ月)で取る

行政書士試験に半年で合格するための勉強法を解説しました。

  • 正しい勉強法を学ぶ
  • 通信講座を受講する
  • 1日3~4時間は勉強する

 

正しい勉強法を学ぶにはクレアールが出版した『非常識合格法』の書籍がオススメです。

 

今だけ資料請求すると無料で入手できます。リスクはないので是非、手に取って読んでみてください。

\  先着100名にプレゼント!/


合格するためのスケジュールは以下のとおりです。

  • 勉強開始日~4ヶ月…テキスト+過去問
  • 4ヶ月~5ヶ月…模試
  • 最終月…テキストの総復習

 

行政書士試験に半年で合格するのは簡単なことではありません。

 

しかし、正しい方向に向かってコツコツ勉強ができれば短期合格も可能です。

 

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました