行政書士試験に1ヶ月で合格できるの?【合格者が勉強法を解説】

行政書士試験に1ヶ月で合格できるの? 行政書士試験
  • 行政書士試験に1ヶ月で合格できる?
  • 何年ぐらいで受かる?
  • 短期間で合格する勉強法を知りたい!

行政書士試験に挑戦しようと思っている方!

1ヶ月で合格できるの?』と思っていませんか。

 

行政書士は難関試験。現実的に1ヶ月で合格できるのか気になるところだと思います。

 

★この記事を書いた人

行政書士試験の合格証

行政書士試験の合格証

知識ゼロから行政書士試験に合格。

行政書士試験の勉強法について情報発信中。

そこでこの記事では1ヶ月で行政書士試験に受かるのかを解説します。

 

この記事を読むことで、短期間で合格するための勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の一発合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

行政書士試験に1ヶ月で合格することは難しい

行政書士は受かりにくい試験

行政書士試験に1ヶ月で合格することは相当厳しいです。

 

行政書士試験の難易度は以下のとおり。

  • 合格率が10%程度
  • 勉強時間800時間以上
  • 平均受験回数2~3回程度

一般的に合格には800時間の勉強が必要です。物理的に1ヶ月間で800時間も勉強するのは不可能です。

『行政書士試験は簡単』は嘘?本当の難易度を合格者が解説

 

ただし、法律の学習経験が豊富な人であれば1ヶ月合格の可能性もあります。

 

例えば、何年も司法書士試験の勉強をしている。行政書士試験で170点は取れる人。

行政書士試験は楽勝?簡単に受かるの?合格者が解説

 

初学者の人が1ヶ月で合格するのは難しいでしょう。

行政書士の偏差値・難易度を解説。試験は簡単?難しい?

行政書士に1回目で合格。1~2ヶ月で合格は非現実的

世の中には『行政書士試験に短期合格できた』という人がいます。しかし、実際は一部です。

 

サクッと合格したい気持ちはわかります。筆者も同じ気持ちでした。しかし、焦って勉強した結果惨敗。

行政書士不合格通知書

行政書士試験の不合格通知書

勉強に焦りは禁物。焦りは断片的な知識しか身につきません。時間をかけて合格を目指す方が現実的です。

行政書士の勉強はいつから開始すべき?合格に必要な勉強時間を解説

 

ただし、どうせ勉強するなら1ヶ月は無理でも短期間で合格したいと思う人もいるでしょう。

 

次項では経験談をもとに最短最速で合格する勉強法を解説します。

最短で合格するための勉強法【1ヶ月~10ヶ月で合格レベル】

行政書士試験に合格するためのポイント

  • 正しい勉強法を知る
  • 優良な教材を使う
  • コツコツ勉強する

最初に正しい勉強法を学ぶ

★非常識合格法の書籍を読む【無料】

短期間で合格を目指すなら最初に正しい勉強法を理解することが大切です。勉強法を間違えると合格が遠のきます。

 

正しい勉強法を知るには大手予備校のクレアールが出版している非常識合格法の書籍がオススメです。

 

非常識合格法は行政書士試験の短期合格ノウハウ本です。短期合格のコツ、各科目の勉強法など受験生の知りたい情報が満載です。

 

私も非常識合格法を読みましたが、とても参考になりました。

 

非常識合格法の書籍は今だけクレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。資料請求も無料です。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

優良な教材を使う

行政書士試験の勉強法

行政書士試験の勉強法は次の3つ。

  • 独学
  • 予備校に通う
  • 通信講座を受講

独学は費用がかからない分、自分1人で勉強しなければなりません。結果、挫折する可能性が高くなります。

 

私も最初は独学でした。しかし、全然わからなくて挫折しました。

 

初学者の場合、独学で合格するのは至難の業です。

 

資格予備校に通う方法もありますがオススメしません。理由は単純でお金がかかるからです。

 

相場は約20万円。遠方から通うなら交通費もかかります。

 

個人的に行政書士試験の学習に20万円もかける必要はないと思っています。

 

総合的に考えて筆者がオススメするのは通信講座です。

 

★通信講座の特徴

通信講座の特徴

  • いつでもどこでも勉強できる
  • 受講料が安い
  • 教材のクオリティが高い

通信講座は自宅にいながらスマホ等で講義を視聴しながら勉強します。

 

最大のメリットは安いのに教材のクオリティが高いこと。つまり、コスパ最強です。

 

私も知識ゼロから通信講座を受講して合格できました。初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

コツコツ勉強する

合格するためにモチベーションを上げる

正しい勉強法を学び、優良な教材を揃えたら後はコツコツ勉強します。

 

試験突破に裏技は存在しません。地道に努力するだけです。

 

合格するには800時間の勉強が必要です。学習期間を1年とすると1日2時間以上の勉強が必要になります。

 

実際に経験して感じたことですが行政書士は努力の試験です。諦めずに継続できた人が合格します。

行政書士試験に挫折しそうな方。有資格者が合格のポイントを解説

行政書士試験の勉強法

行政書士試験の一般知識の勉強次の流れに沿って勉強しましょう。

  1. テキストの理解
  2. 過去問を解く
  3. 模試を受ける
  4. 最後はテキストに戻る

テキストの理解

理解行政書士試験では法的思考力を問われるため暗記等の付け焼刃では歯が立ちません。

 

重要はことは基本事項の理解です。テキストの丸暗記ではなく、内容を理解する学習が効果的です。

 

理解するコツは何度もテキストを読むことです。

過去問を解く【過去5年分】

過去問を解く

テキストを2週したら過去問を解きましょう。過去問は直近5年分でOK。何十年も遡る必要はありません。

 

重要なことは広く浅い学習ではなく、狭く深い学習。

 

単に問題を解いて解説を読むだけでは不十分。最終的には1問ごとなぜその解答になったのか説明できたらOKです。

 

過去問が終わったら、再びテキストに戻ります。

 

テキスト→過去問→テキスト→過去問。この順番で繰り返すことが重要です。

模試を受ける

模試を受ける

テキストや過去問学習を終えたら模試を受けます。

 

  • 模試を受けるメリット
  • 自分の実力がわかる
  • 苦手科目がわかる
  • 予想問題を知れる
  • 試験を疑似体験できる

上記のように模試はメリットだらけ。必ずに受けましょう。

 

模試を受けたら必ず復習します。間違えた箇所を復習して理解しましょう。模試は最低でも2週はしたいところです。

 

  • オススメの模試

経験談として受講して良かったのは『資格の大原』と『TAC』です。本講座を受講しなくても、模試のみ受講できます。

 

模試は2社ほど受ければOK。受けすぎも良くないので注意しましょう。

最後はテキストに戻る

試験直前の10月はテキストに戻ります。全科目じっくり読みましょう。

 

理解できていない部分は読み込みます。どうしても理解できない部分は『暗記』で対応。さらに体調管理も忘れずに。

【まとめ】行政書士試験に1ヶ月で合格できる?

1ヶ月間の学習で行政書士試験に合格するのは一般的ではありません。

 

最低でも半年以上。通常は年単位の学習が必要です。

 

1ヶ月は無理でも勉強法さえ間違わなければ短期合格は可能です。

 

具体的な方法は通信講座を使って正しい方向に向かってコツコツ勉強すること。

 

通信講座はフォーサイトがオススメです。筆者も知識ゼロからフォーサイトで合格できました。

 

\  累計受講者数は約7万人!/

正しい勉強法を知るにはクレアールが出版した『非常識合格法』の書籍がオススメ。今だけ無料で入手できるので手に取ってみてください。

\  先着100名にプレゼント!/


勉強を継続するコツは『行政書士になった自分を想像すること』です。

 

行政書士として活動している自分を想像することでやる気が上がります。

 

具体的な勉強手順は下記の方法に従って行うと良いです。

  1. テキストの理解
  2. 過去問を解く
  3. 模試を受ける
  4. 最後はテキストに戻る

 

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました