行政書士試験に受かる気がしない…。合格するためのポイントを解説

行政書士に受かる気がしない…。合格するためのポイント 行政書士試験
  • 行政書士試験が難しい…
  • 難しい原因は?
  • 合格する勉強法を知りたい!

行政書士に挑戦中の方!

難しすぎて受かる気がしない…』と悩んでいませんか。

行政書士は難関試験。簡単には合格できません。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士試験に合格

行政書士歴5年の現役行政書士

そこでこの記事では受かりにくい原因と合格するためのポイントを解説します。

 

この記事を読むことで合格のヒントがつかめます。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

行政書士は受かりにくい試験

行政書士は受かりにくい試験

行政書士試験の合格率は約10%。毎年5万人ほど受験して合格者は5000人程度です。つまり、10人中1人しか合格できません。

 

合格に必要な勉強時間は800時間ほど。膨大な勉強量が必要です。1回で受かる人は少なく、多くの方は2~3回で合格しています。

 

そもそも行政書士は難しい試験。『受かる気がしない…』と思うのは当然です。

行政書士試験が難しすぎ!難しい理由と合格するための勉強法を解説

『行政書士試験は簡単』は嘘?本当の難易度を合格者が解説



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

行政書士に受かる気がしないと感じる5つの理由

行政書士試験に受からない

  1. 試験範囲が広い
  2. 慣れない法律用語に苦労する
  3. 一般知識の足切り
  4. 記述式の対策が困難
  5. 独学には限界がある

試験範囲が広い

試験範囲が広い行政書士試験の範囲は広いです。

  • 基礎法学
  • 憲法
  • 行政法
  • 民法
  • 商法・会社法
  • 一般知識

試験範囲が広いので膨大な勉強量が必要になります。

慣れない法律用語に苦労する

慣れない法律用語に苦労する初学者にとって慣れない法律用語や条文の読解は手こずります。

 

『善意・悪意』『違法・不当』『公布・施行』など。

 

繰り返し学習しているうちに慣れてきますが最初のうちは苦労します。

一般知識の足切り

行政書士試験の一般知識の勉強一般知識は受験生が頭を悩ます課題の1つです。なぜなら足切りがあるから。

 

足切りのラインは以下のとおりです。

一般知識等科目の得点が4点割以上

一般知識の足切りをクリアするのが1つの壁となっています。

 

一般知識の範囲が膨大。対策しにくいので点数が取りにくいのです。

記述式がやっかい

行政書士試験の記述式記述式も受験生の悩みポイントの1つといえます。しかし、配点が高いのでおろそかにできません。

 

記述式の得点によって合否を左右する受験生も多いでしょう。

 

適当に書いても正解できません。誤字脱字に気をつけながら、論点に沿った解答をする必要があるので苦労する受験生が多いです。

独学には限界がある

行政書士試験は独学では限界がある

行政書士は合格率が10%前後の難関試験です。独学で合格することは簡単ではありません。

 

私も最初は独学でした。しかし、あまりの難しさに断念。通信講座に切り替えました。

 

独学は挫折する可能性があるので個人的にはオススメしません。

 

次項では経験談を交えながら試験に合格するための勉強法を解説します。

行政書士試験に合格するためのポイント

行政書士試験に合格するためのポイント

  • 時間を確保する
  • 正しい勉強法を知る
  • 通信講座を受講する

時間を確保する

行政書士試験の勉強はスキマ時間に行う合格には絶対的な勉強量が必要です。できれば800時間以上は確保したいところです。

 

学習期間を1年間とすると1日2時間の勉強が必要になります。

 

1日2時間も勉強するのは大変ですが、移動中や仕事の休憩中などスキマ時間をうまく活用することが大切です。

行政書士の勉強はいつから開始すべき?合格に必要な勉強時間を解説

正しい勉強法を理解する

★非常識合格法の書籍を読む!

出典:クレアール公式サイト

合格するには正しい勉強法でコツコツ努力することが大切です。間違った勉強法だと何年経っても合格できません。

 

正しい勉強法を学ぶには大手予備校のクレアールが出版している『非常識合格法』という書籍がオススメです。

 

非常識合格法には合格するための勉強法、短期合格のコツなど受験生が知りたい情報がわかりやすく解説されています。

 

正しい方向に導いてくれるので遠回りせず、最短ルートで合格を目指すことができます。

 

今だけ、クレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,600円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。もちろん資料請求も無料です。

 

経験談ですが、自己流で勉強すると遠回りになる可能性があります。正しい勉強法に沿った学習を心がけてください。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

通信講座を受講

行政書士通信講座の特徴行政書士試験に合格するには教材選びも重要です。

 

市販の教材でも良質なものはありますが筆者のオススメは通信講座の教材です。

 

通信講座の教材は市販のテキストと比べても読みやすく、理解しやすい特徴があります。

 

さらに、通信講座の場合は質の高い講師の講義もあるため学力が上がりやすいです。

 

一方で資格予備校に通う方法もあります。しかし、費用が20万円近くかかるので個人的にはオススメしません。

 

通信講座はお金に余裕がない人でも、安くて質の高い教材を使うことができます。

 

私自身、知識ゼロから通信講座を受講して合格できました。初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメは通信講座は下記の記事を参考にしてください。

行政書士の通信講座おすすめランキング7選



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

【まとめ】行政書士試験に受かる気がしない方へ。合格のポイント解説

行政書士試験に受かりにくい5つの理由と合格に必要な3つのポイントを解説しました。

 

★試験に受かりにくい5つの理由

  1. 試験範囲が広い
  2. 慣れない法律用語に苦労する
  3. 一般知識の足切り
  4. 記述式問題がある
  5. 独学には限界がある

行政書士は簡単に合格できる試験ではありません。しかし、正しい勉強法でコツコツ努力できれば受かる試験です。

 

私も知識ゼロの状態から合格できました。経験から合格に必要なポイントは以下の3つです。

 

  • 時間を確保する
  • 正しい勉強法を知る
  • 通信講座を受講する

行政書士に受かる人の5つの特徴。受かるためのコツも解説

 

合格するには『絶対的な学習量』が必要です。できれば800時間は確保しましょう。

 

学習期間を1年間とすれば1日2時間の学習が必要です。移動中や休憩時間などのスキマ時間を利用して勉強時間を確保しましょう。

 

合格するには『正しい勉強法』を知ることが重要です。大手予備校のクレアールが出版している『非常識合格法』の書籍がオススメです。

 

この本を読むことで『正しい勉強法』が理解できます。クレアールに資料請求するだけで無料でゲットできます。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

行政書士試験に合格するには教材も重要です。オススメは通信講座の教材です。

 

通信講座の教材は市販のテキストより見やすく、理解しやすい特徴があります。さらに講師の講義も資格予備校と遜色ないクオリティです。

 

通信講座は予備校の半額以下で受講できるところが多いためコスパもいいです。

 

私自身、知識ゼロから通信講座で合格できました。初学者でも通信講座で十分合格を狙えます。

 

オススメは通信講座は下記の記事を参考にしてください。

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

 

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました