行政書士試験にリベンジ!合格するためのポイント解説

行政書士試験にリベンジ 行政書士試験
  • 行政書士試験にリベンジしたい!
  • リベンジの際に注意することはある?
  • 合格するための勉強法が知りたい

行政書士に挑戦中の方!

『試験に落ちた…。でもリベンジしたい!』と思っていませんか。

行政書士は難関試験。しっかりと対策を練ってからリベンジしましょう。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士試験に合格

行政書士歴5年の現役行政書士

そこでこの記事ではリベンジのポイントを解説します。

 

この記事を読むことで合格レベルに達する勉強法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

行政書士のリベンジ前に『不合格になった原因』を分析

不合格の原因

まずは不合格になった原因を考えましょう。何も考えずに勉強を再開しても同じ結果になる可能性が高いです。

 

私自身、行政書士試験に落ちた経験があります。

行政書士不合格通知書

経験談をもとに落ちる原因を分析すると大抵は次の3つのケースが多いです。

  1. 勉強不足
  2. 勉強法が間違っている
  3. 本番で実力を発揮できなかった

上記3つを対策することで合格に近づくことができます。勉強を再開する前に対策しましょう。

行政書士試験にリベンジして合格する勉強法

  • 800時間の確保
  • 非常識合格法を読む
  • 模試を受ける

800時間の確保

行政書士試験の合格に必要な勉強時間

合格に必要な勉強時間は800時間程度です。学習期間を1年間とすると1日2~3時間の勉強が必要になります。

 

受験生の多くは社会人なので時間の確保が難しい人も多いと思います。しかし、机に向かって2~3時間も勉強する必要はありません。

 

スキマ時間を有効活用しましょう。

行政書士試験の勉強はスキマ時間に行う

  • 移動中
  • 仕事の休憩時間
  • ちょっとした空き時間
  • 料理を作っているとき
  • トイレ
  • お風呂

たとえ5分でも積み重ねると膨大な時間になります。

 

スキマ時間の有効活用が合否を左右するといっても過言ではありません。

 

スキマ時間も含めて1日2~3時間を確保するところから始めましょう。

非常識合格法を読む

★行政書士試験の短期合格ノウハウ本!

出典:クレアール公式サイト

800時間も勉強するからといって必ず合格できるとは限りません。合格には正しい勉強法で勉強する必要があるからです。

 

経験談ですが、間違った勉強法では合格できません。仮に合格できたとしても何年も勉強し続ける必要があります。

 

行政書士を目指していた知人は10回受けても受かりませんでした。

短期間で合格を目指すなら正しい勉強法を知ることが重要です。正しい勉強法を知るうえで参考になる書籍『非常識合格法』を紹介します。

 

非常識合格法は大手予備校のクレアールが出版した書籍です。

 

この書籍には合格するための勉強法、短期合格のコツなど受験生が知りたい情報がわかりやすく解説されています。

 

非常識合格法を読むことで『正しい勉強法』を学ぶことができます。

 

今だけクレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,600円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。もちろん資料請求も無料です。

 

経験談ですが、自己流で勉強すると遠回りになる可能性があります。正しい勉強法に沿った学習を心がけてください。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

本番で実力を発揮できなかった

行政書士の全国模試

試験は年1回の1発勝負。本番で実力を発揮しなければなりません。

 

しかし、試験会場の緊張感から実力が出し切れないまま終わる人もいます。

 

本番で全力を出し切るには『場に慣れる』ことが大切です。

 

場の雰囲気に慣れるには模試がオススメです。試験の疑似体験ができるので。

 

独特の緊張感を体験して少しでも場慣れすることが大切です。

 

また、試験中には様々な雑音が入ります。

  • 書く音
  • ページをめくる音
  • くしゃみ
  • いびき

試験中に無音はありえません。余計な雑音で集中力が切れないよう注意する必要があります。

 

カフェや図書館など人のいる環境で勉強し雑音に慣れる対策も必要です。

【まとめ】行政書士試験にリベンジ!合格するためのポイント

行政書士試験にリベンジするためのポイントについて解説しました。

 

勉強を再開する前に試験の反省を行いましょう。改善点を見つけ修正することが大切です。

 

大半の合格できない原因は以下の3つです。

  1. 勉強不足
  2. 勉強法が間違っている
  3. 本番で実力を発揮できなかった

上記を解消することで合格に近づきます。

 

まずは勉強時間(800時間)の確保から始めましょう。スキマ時間を有効活用しながら時間を確保します。

 

次に正しい勉強法を学びましょう。大手予備校のクレアールが出版している『非常識合格法』の書籍がオススメです。

 

この書籍を読むことで正しい勉強法が理解できます。資料請求【無料】するだけで、今だけタダでもらえます。是非ゲットしてみてください。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

試験本番で実力を十分に発揮できない人は『場慣れ』していない可能性があります。

 

場慣れには模試が最適。なぜなら試験の疑似体験ができるからです。模試を受けて少しでも場慣れすることが大切です。

 

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました