行政書士になるには?3つの方法を合格者が解説!

行政書士になるには 行政書士の資格
  • 行政書士になるには?
  • 一番簡単に行政書士になる方法を教えて!
  • 試験に合格するための勉強法も知りたい!

 

行政書士に興味がある方。

行政書士になる方法が知りたい!』と思っていませんか。

 

実は行政書士になるには試験合格だけでなく、いくつかの方法があります。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士試験に合格

行政書士歴5年の現役行政書士

そこでこの記事では、行政書士になる3つの方法を解説します。

 

この記事を読むことで行政書士になる方法が理解できます。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

行政書士になる3つの方法

行政書士になるには行政書士になるには、以下の3つのうち1つでも満たせばOKです。

  1. 行政書士試験に合格する
  2. 公務員として一定年数の実務経験を得る
  3. 他資格を保有

行政書士試験に合格する

行政書士は受かりにくい試験

行政書士になる一般的な方法は行政書士試験に合格することです。

 

試験は年1回11月の中旬に開催。受験資格はないので誰でも受験してOKです。

 

試験方法は筆記試験のみ。実技試験はありません。試験科目は憲法や民法といった法律問題が主に出題されます。

 

合格率は10%程度と難関試験です。1回で合格する人は少なく2~3回目で合格する人が多いです。

 

初学者の場合、合格に必要な勉強時間は800~1000時間といわれています。

公務員として一定年数の実務経験を得る

書類作成公務員として行政事務を担当した期間が20年以上(高卒は17年以上)の場合、行政書士の資格がもらえます。

 

つまり、無試験で行政書士になれます。

 

しかし、公務員なら誰でも行政書士がもらえるわけではありません。あくまで行政事務を担当した者に限定されます。

 

行政書士の仕事は行政機関に提出する書類作成がメイン。そこの行政機関で長年勤めている人は行政書士の資格を与えても問題ないという理由です。

 

公務員を定年退職した後、セカンドライフとして行政書士になる人は多いです。

他資格を保有

資格弁護士、弁理士、公認会計士、税理士のいずれかの資格を持っている人は行政書士も自動的に取得します。

 

弁護士試験に受かった瞬間に行政書士もセットでついてくるイメージです。

 

ただし、4資格は行政書士より難易度が高く、数年単位の勉強が必要です。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

最短で行政書士になるなら『試験合格』一択

行政書士試験の合格証

行政書士試験の合格証

行政書士になる3つの方法を解説してきました。最も簡単な方法は行政書士試験に合格することです。

 

公務員で17年以上も働くのは長すぎ。かといって、他資格の取得も行政書士より難易度が高いのでオススメできません。

 

行政書士試験の合格が一番の近道です。

 

行政書士登録者の約7割が試験合格によって行政書士になっています。

行政書士試験の勉強法

行政書士試験の勉強法

行政書士試験の勉強法は次の3つが考えられます。

  • 独学
  • 資格予備校に通学
  • 通信講座を受講

まず、独学はオススメしません。法律の学習経験がある人なら独学でも合格できる可能性はあります。

 

しかし、初学者に独学は不向きです。

 

行政書士試験の合格率は約10%と難関です。多くの方は通信講座か通学で学びます。

 

しかし、通学の場合、費用が20万円以上と割高。個人的には通信講座をオススメします。

行政書士通信講座の特徴

通信講座は通学の半額で受講でき、教材のクオリティも高いのでコスパがいいです。

 

私自身、知識ゼロから通信講座で合格しました。初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメは通信講座は下記の記事を参考にしてください。

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

行政書士試験の正しい勉強法を知る

★非常識合格法の書籍を読む!

出典:クレアール公式サイト

合格するには正しい勉強法でコツコツ努力することが大切です。間違った勉強法だと何年経っても合格できません。

 

正しい勉強法を学ぶには大手予備校のクレアールが出版している『非常識合格法』という書籍がオススメです。

 

非常識合格法には合格するための勉強法、短期合格のコツなど受験生が知りたい情報がわかりやすく解説されています。

 

正しい方向に導いてくれるので遠回りせず、最短ルートで合格を目指すことができます。

 

今だけ、クレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,600円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。もちろん資料請求も無料です。

 

経験談ですが、自己流で勉強すると遠回りになる可能性があります。正しい勉強法に沿った学習を心がけてください。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

行政書士になるには『登録』が必要

行政書士登録証行政書士試験に合格した者を『行政書士有資格』と呼びます。この時点では、まだ行政書士ではありません。

 

行政書士と名乗って仕事をするなら『行政書士登録』が必要です。

 

登録は各都道府県の行政書士会を経由して日本行政書士会連合会に登録申請します。

 

登録には審査があります。審査期間は1~2ヶ月程度です。よほど落ちることはありません。

 

登録が完了すると行政書士として活動できます。

 

登録には約30万円かかります。さらに登録以降、年会費として約8万円かかります。

行政書士の仕事内容をわかりやすく解説。どんな仕事をしてるの?

行政書士を取って良かったこと4選!

行政書士はおいしい資格。おいしい5つの理由を解説

【まとめ】行政書士になるには?3つの方法を解説

行政書士になるには

行政書士になるには、以下の3つの方法があります。

  1. 行政書士試験に合格する
  2. 公務員として一定年数の実務経験を有する
  3. 他資格を保有

上記のなかで最も簡単なのは行政書士試験に合格すること。

 

しかし、行政書士試験の合格率は約10%と難関です。独学で合格することは難しいので、予備校か通信講座がオススメです。

 

オススメは通信講座です。なぜなら費用が安く、教材のクオリティが高いからです。私自身、知識ゼロから通信講座で合格できました。

 

初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメは通信講座は下記の記事を参考にしてください。

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

 

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

 

 

タイトルとURLをコピーしました