行政書士の働き方を知りたい!どんな場所で活躍してるの?

行政書士の働き方 行政書士の資格
  • 行政書士の働き方を知りたい!
  • どんな場所で活躍してるの?
  • 短期間で行政書士になる方法は?

行政書士に興味がある方。

行政書士の働き方が知りたい』と思っていませんか。

実は行政書士の働き方は色々あります。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士試験に合格

行政書士歴5年の現役行政書士

そこでこの記事では、行政書士の働き方を解説します。

 

この記事を読むことで行政書士の働き方や最短で行政書士になる方法がわかります。

\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

行政書士の働き方【6パターン】

働く行政書士

  • 独立・開業
  • 行政書士事務所
  • 弁護士等の他士業事務所
  • 一般企業
  • 副業
  • YouTube、ブログ、アフィリエイト

独立・開業

行政書士は成功しやすい

行政書士は独立して働くことができます。そもそも行政書士は独立開業型の資格。

 

多くの行政書士は独立しています。

 

大半は個人事務所として1人で活動しています。しかし、近年では従業員を雇って法人化する行政書士も増えてきました。

 

行政書士が独立するメリットは次の4つです。

  1. 未経験でも独立できる
  2. 独立にかかる費用が30万円程度で済む
  3. 自宅で仕事ができる。事務所を借りなくてOK
  4. 成功すれば大きく稼げる

行政書士の独立開業は難しい?失敗しやすい?厳しい理由と成功の秘訣を解説

行政書士事務所

行政書士事務所で働くこともできます。一般的な会社員と同じように、与えられた仕事をこなすことになります。

 

就職先は次の2つ。

  • 個人の行政書士事務所
  • 行政書士法人

 

行政書士事務所で働くメリットは実務経験を積めること。書類の作成方法や仕事の進め方等が理解できます。

行政書士の仕事内容をわかりやすく解説。どんな仕事をしてるの?

 

将来、独立を目指すなら経験を積んでから独立する方が有利です。

 

一方で、デメリットは次の2つ。

  • 給料が月給15万円~25万円程度と高くない
  • そもそも行政書士事務所の求人が少ない

弁護士等の他士業事務所

弁護士、税理士、社労士事務所などが行政書士事務所も併設しているケースがあります。

 

つまり、ダブルライセンスの事務所です。

 

併設事務所なので行政書士業務も行っています。業務内容は行政書士事務所と同じです。

一般企業

行政書士の資格を活かして一般企業に就職する道もあります。

 

配属先は法務部や総務部が一般的。仕事内容は法律的な文書作成がメインです。

 

ただし、企業内で行政書士と名乗って活動することはできません。いち社員扱いになります。

副業

行政書士の活用方法

副業で行政書士もできます。行政書士法では副業を禁止する規定はありません。

 

つまり、会社員(本業)として働きながら行政書士として副業もできます。しかし会社員の場合、勤務先が副業NGであれば副業はできません。

 

副業行政書士は本業以外の時間にしか活動できないので時間の確保が課題となります。

 

しかし、独立を目指す人に副業はオススメです。いきなり行政書士1本で独立するのはハードルが高い。

 

本業を続けながら、副業するほうがリスクを抑えられます。

行政書士はおいしい資格。おいしい5つの理由を解説

YouTube、ブログ、アフィリエイト

情報発信YouTube、ブログ、アフィリエイトで稼ぐ方法もあります。

 

行政書士は人気資格。行政書士の活動内容や受験生に向けての勉強法やオススメ講座などを紹介する需要はあります。

 

YouTube、ブログ、アフィリエイトは収益化まで時間はかかりますが、コツコツ努力すれば毎月数万円以上は稼げます。



※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

行政書士の働き方の最適解は『独立開業』

行政書士で独立開業

行政書士として活動するなら独立開業をオススメします。そもそも行政書士は独立型の資格。

 

独立してこそ価値を発揮します。

 

雇用されて働く道や副業もできますが、正直コスパが悪いです。苦労して取った行政書士資格。最大限に活かすなら独立一択です。

 

やり方次第で年収1000万円も可能。現に行政書士の10人に1人は年収1000万円以上です。

 

これから行政書士に挑戦する方は独立を視野にいれて目指すことをオススメします。

行政書士はぶっちゃけ食えるの?開業者が実態を解説

独立開業は食えるのか

独立して廃業するのは行政書士のせいではない

行政書士で独立しても残念ながら廃業する人もいます。資格を持っているだけで仕事がバンバン入ってくることはありません。

 

営業活動は必須。独立で成功するか、失敗するかの分かれ目は集客力です。

 

  • 行政書士資格のみ⇒成功できない
  • 行政書士資格+集客力(マーケティングスキル)⇒成功できる

 

成功にマーケティングの勉強は欠かせません。ただし、高度なマーケティングスキルは不要です。

 

まずはマーケティング関連の書籍を読んでみましょう。マーケティングの勉強をしないまま独立する人が非常に多いです。

 

マーケティングを学ぶだけでライバルに大きな差をつけることができます。

 

成功のカギはマーケティングスキルの向上です。

行政書士は食えないは嘘。やり方次第で食える資格!

行政書士になるには

行政書士になるには

行政書士の働き方について解説しました。実際に行政書士になる方法を見ていきましょう。

 

行政書士になる方法は次の3つです。

  1. 行政書士試験に合格する
  2. 公務員として一定年数の実務経験を得る
  3. 弁護士、弁理士、公認会計士、税理士のいずれかの資格を保有

上記のなかで、一番簡単なのは行政書士試験に合格することです。

 

行政書士になる方法は以下の記事で、さらに詳しく解説しています。

行政書士になるには?3つの方法を合格者が解説!

行政書士試験に合格する

行政書士は受かりにくい試験

行政書士になるには行政書士試験に合格する必要があります。

 

試験は年1回11月に開催されます。受験資格はありません。誰でも受験できます。

 

試験科目は憲法、行政法、民法などの法律問題が出題。合格率は10%程度と難関です。

 

合格に必要な勉強時間は800時間~1000時間。

 

独学で合格することは難しく、多くの受験生は受験予備校に通うか、通信講座を受講しています。

 

筆者のオススメは通信講座です。受験予備校への通学は費用が20万ほどかかるので割高。

 

一方で、通信講座は予備校の半額以下で受講でき、教材のクオリティも高いのでオススメです。

 

私自身、知識ゼロから通信講座で合格しました。初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメは通信講座は下記の記事を参考にしてください。

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

行政書士試験の正しい勉強法を知る

★非常識合格法の書籍を読む!

出典:クレアール公式サイト

合格するには正しい勉強法でコツコツ努力することが大切です。間違った勉強法だと何年経っても合格できません。

 

正しい勉強法を学ぶには大手予備校のクレアールが出版している『非常識合格法』という書籍がオススメです。

 

非常識合格法には合格するための勉強法、短期合格のコツなど受験生が知りたい情報がわかりやすく解説されています。

 

正しい方向に導いてくれるので遠回りせず、最短ルートで合格を目指すことができます。

 

今だけ、クレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,600円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。もちろん資料請求も無料です。

 

経験談ですが、自己流で勉強すると遠回りになる可能性があります。正しい勉強法に沿った学習を心がけてください。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

【まとめ】行政書士の働き方を解説

行政書士の働き方について解説しました。

 

行政書士の働き方は次の6パターンです。

  • 独立・開業
  • 行政書士事務所
  • 弁護士等の他士業事務所
  • 一般企業
  • 副業
  • YouTube、ブログ、アフィリエイト

行政書士として活動するなら『独立・開業』がオススメです。

 

行政書士は就職するための資格ではありません。独立型の資格です。

 

独立して成功することは容易ではありませんが、集客ができれば大きく稼ぐことができます。

 

行政書士になるには行政書士試験に合格しなければなりません。合格率は10%程度と難関です。

 

独学で合格することは難しく、多くの受験生は受験予備校に通うか、通信講座を受講しています。

 

筆者のオススメは通信講座です。受験予備校への通学は費用が20万ほどかかるので割高。

 

一方で、通信講座は予備校の半額以下で受講でき、教材のクオリティも高いのでオススメです。

 

私自身、知識ゼロから通信講座で合格しました。初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメは通信講座は下記の記事を参考にしてください。

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

 

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました