行政書士は恥ずかしい?底辺・クズ資格といわれるけど本当?

行政書士は恥ずかしい?底辺・クズ資格といわれるけど本当? 行政書士の資格
  • 行政書士は恥ずかしい資格?
  • 行政書士のリアルを知りたい
  • 目指す価値ある?

行政書士に興味がある方。

行政書士は恥ずかしいダメ資格なの?』と思っていませんか。

 

ネット上では行政書士に対する悪評が多いです。しかし、実際はどうなのか。

 

★この記事を書いた人

知識ゼロから行政書士試験に合格

行政書士歴5年の現役行政書士

そこでこの記事では、行政書士はダメ資格なのか解説します。

 

この記事を読むことで行政書士のリアルがわかります。

 

★記事の結論

  • 行政書士はダメ資格ではない
  • 年商1000万を目指せる
  • 行政書士試験の勉強には通信講座がオススメ
\ 合格者が教える! 優良講座を紹介/

おすすめの行政書士通信講座【7選】

 

★お得情報【非常識合格法の書籍がもらえる】

行政書士試験の短期合格ノウハウ本を今だけ無料でプレゼント中!

この書籍を読むことで最短最速で合格する方法がわかります。

先着100名様のみ。クレアールに資料請求するだけ(1分で入力完了)。

詳しくはこちら

行政書士は恥ずかしいダメ資格?

行政書士が食えない理由

ネット上では行政書士に対する悪評を多く見かけます。

  • ライバルが多いから食えない
  • AIに仕事を奪われる
  • 独立しても大半は廃業する

ネガティブな意見が多い行政書士。なぜ、ここまで評判が悪いのか。

【行政書士は恥ずかしい】悪評は誰がいってるの?

声

悪評の大半は行政書士試験に落ちた人、挫折した人がいっています。

 

つまり、不合格者の妬みです。

 

行政書士を叩くことで試験に受からなかった自分を正当化しているのでしょう。

 

さらに行政書士を全く知らない人が適当に言っているケースもあります。

 

悪評の大半はデマです。気にする必要ありません。

行政書士はやめたほうがいい?取るだけ時間の無駄?

ネットとリアルは違う

行政書士に相談

ネット上で行政書士の評判は最悪。しかし、現実(リアル)は違います。

 

行政書士に対する評価は高いです。筆者は行政書士歴5年。現役の行政書士です。

 

今まで依頼者、同業者、他士業の先生等、多くの方とお会いしました。

 

行政書士という理由で馬鹿にされたり、無下な扱いを受けたりした経験はありません。

 

むしろ依頼人からは『先生』と呼ばれ、関わる人は行政書士という肩書のおかげで信頼してもらえます。

 

多くの人に頼られ、信頼される存在になるのです。

行政書士はすごい資格【現役の開業者が解説】

行政書士は恥ずかしい資格ではない

行政書士は成功しやすい

行政書士は恥ずかしい資格ではない。むしろ価値のある資格です。

 

行政書士には『独占業務』があります。つまり、行政書士にしかできない業務があるのです。

 

世の中、行政書士の力を借りたい人は大勢います。

 

さらに行政書士はやり方次第で大きく稼げる資格。年商1000万円も夢ではありません。

 

なんと10人に1人は年商1000万円以上。無謀ではなく現実的に目指せる数字です。

行政書士は食えないは嘘。やり方次第で食える資格!

行政書士になるには

合格するためにモチベーションを上げる

行政書士になるには行政書士試験に合格しなければなりません。

 

受験資格は不要。年齢・性別・学歴・国籍に関係なく、誰でも受験できます。

行政書士になるには?3つの方法を合格者が解説!

行政書士試験の難易度

行政書士は受かりにくい試験

行政書士試験は難関です。具体的な難易度を見ていきましょう。

 

★直近5年の合格率

年度 合格率
平成29年 15.7%
平成30年 12.7%
令和元年 11.5%
令和2年 10.7%
令和3年 11.18%

合格率を見ると10%~15%で推移しています。10人中1人しか受からない狭き門です。

『行政書士試験は簡単』は嘘?本当の難易度を合格者が解説

 

一般的に合格に必要な勉強時間は800時間といわれています。1日2時間の勉強を1年以上も続けなければなりません。

行政書士の勉強はいつから開始すべき?合格に必要な勉強時間を解説

どのぐらいの期間で合格できる?

行政書士の合格に何年かかる?

行政書士試験の平均受験回数は2~3回。1回で合格する人は少なく、大半は複数回受験して合格しています。

 

学習期間は長期にわたります。1年~3年は見ておきましょう。

 

ただし、勉強法は人それぞれ。1年で受かる人もいれば、10年でも受からない人はいます。

短期間で行政書士試験に合格する方法

正しい勉強法を学ぶ

短期間で合格するには最初に正しい勉強法を学びましょう。

 

間違った勉強法では遠回り。筆者も散々遠回りしました。

  • テキストを読まなかった
  • 過去問だけで受かると思った
  • 独学で挑んだ
  • 全国模試を5社以上も受けた

上記のように間違った勉強をした結果、不合格。

行政書士不合格通知書

行政書士不合格通知書

不合格だった原因を自分なりに分析。勉強法を1から見直しました。

 

試行錯誤の結果、2度目で合格できました。

行政書士合格通知書

行政書士合格通知書

最初から『正しい勉強法』を理解していたら1回目で合格できたかもしれません。

 

何も考えず、その日の気分で勉強していたのが良くなかったです。

 

短期合格を目指すなら最初に正しい勉強法を学びましょう。

正しい勉強法を知る方法

★非常識合格法の書籍を読む【無料】

正しい勉強法を知るには大手予備校のクレアールが出版している非常識合格法の書籍がオススメ。

 

非常識合格法は行政書士試験の短期合格のノウハウ本です。この書籍を読むことで正しい勉強法がわかります。

 

短期合格のコツ、学習スケジュールの立て方など受験生の知りたい情報満載です。

 

私も非常識合格法の勉強法で合格しました。

 

非常識合格法の書籍は今だけクレアールに資料請求した先着100名に無料でプレゼント中です。

 

Amazonだと1,500円しますが、資料請求するだけで0円で入手できます。資料請求も無料です。

 

※資料請求後に強引な押し売り、しつこい勧誘は一切ないのでご安心ください。

\  先着100名にプレゼント!/

行政書士の勉強は通信講座が最適

行政書士試験の勉強法

行政書士試験の勉強法は次の3つが考えられます。

  • 独学
  • 資格予備校に通う
  • 通信講座を受講

まず、独学はオススメしません。なぜなら挫折する可能性が高まるからです。

 

行政書士試験の合格率は10%前後。簡単ではありません。

 

難しい法律用語や条文が沢山でてきます。初学者が独学で合格するのは至難の業です。

 

一方で資格予備校に通学する方法もあります。

 

しかし、費用が20万円程度と高額。さらに決められた時間に講義を受けるので時間拘束もあります。

 

受験生の大半は社会人。忙しい人が多いので予備校もオススメしません。

【体験談】オススメは通信講座【コスパ最強】

行政書士通信講座のクオリティ

  • 自宅で学習できる
  • 見やすく読みやすいテキスト
  • わかりやすい講義

通信講座は自宅で勉強する学習スタイル。スマホで講義を視聴しながら勉強します。

 

スマホがあれば、いつでもどこでも勉強できるのがメリットです。

 

さらに通信講座のテキストは読みやすく、理解しやすい。講義もわかりやすいです。

 

最大のメリットは予備校の半額以下で受講できるのに、教材のクオリティが高いこと。

 

筆者も知識ゼロから通信講座を受講して合格できました。初学者でも通信講座で十分合格できます。

 

オススメの通信講座を知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

【まとめ】行政書士は恥ずかしい?底辺・クズ資格といわれるけど本当?

行政書士は恥ずかしいダメ資格なのか解説しました。

 

ネット上で行政書士に対する悪評を多く見かけます。

  • ライバルが多いから食えない
  • AIに仕事を奪われる
  • 独立しても大半は廃業する

上記が事実なら行政書士はダメ資格と思われてもしかたないでしょう。

 

しかし、悪評の大半は試験に落ちた人、挫折した人が腹いせに言っているだけです。

 

実際に行政書士の資格には価値があります。

  • 行政書士にしかできない業務が存在する
  • 年商1000万円も目指せる

 

行政書士になるには国家試験に合格しなければなりません。しかし、合格率は10%程度の難関試験です。

 

合格には正しい勉強法に沿って勉強する必要があります。正しい勉強法を学ぶ方法は非常識合格の書籍がオススメです。

 

今だけ資料請求するだけで書籍が貰えます。リスクゼロなので手に取って読んでみてください。

\  先着100名にプレゼント!/


行政書士試験の勉強には通信講座がオススメ。なぜならコスパがいいからです。

 

資格予備校の半額以下で受講。市販の教材よりクオリティが高いです。

 

筆者も知識ゼロから通信講座で合格できました。オススメの通信講座は下記の記事を参考にしてください。

 

行政書士の通信講座おすすめランキング7選

 

行政書士に関する下記の記事も参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました